通夜について

冥福を祈る

葬式は通夜や葬儀などさまざまなものが含まれており、これらの違いを理解していない人は多いだろう。
まず葬式において最初に行うことになるのは通夜であり、これの準備から始めなければいけない。
字義通りの意味では夜通しということになるのだが、一般的には近親者が遺体のそばにいて、故人を見守りながら夜を過ごすという意味である。

かつては医学が未発達だったため死んだとされた者が生き返るケースも多かった。
そのため、死体を監視している必要があり、そのために通夜の儀式が行われていた。
近代になってからは故人の冥福を祈るための真面目な儀式に変化したのだ。

最近は通夜が二度行われることもあり、身内だけで行う仮通夜と一般の弔問を受ける本通夜がある。
家族葬の場合は一般の弔問は基本的に断わるため、仮通夜のみをするケースが多い。
通夜に関しては地域によって差があるため、その地域の慣習にしたがうことになる。
通夜は僧侶が読経をして、順番に焼香をしていき、参列者全員が焼香を終えると終了する。

通夜の準備

通夜のための準備は基本的に葬儀社のスタッフが手伝ってくれるため、それほど苦労することはない。
やるべきこととしては遺影を準備したり、供物や供花を用意したり、弔電の整理をする。
供物や供花については配置の仕方に決まりがあるため、葬儀社のスタッフに確認しておこう。

通夜については席次にも決まりがあるのだが、家族葬の場合は参列者が少ないためあまり気にしなくても良いだろう。
どのような流れとなるのか、葬儀社のスタッフから事前に詳細な説明を受けておこう。
通夜の際のマナーについてもスタッフから教わることができるため、疑問点があれば解決しておこう。

家族葬では受付を準備する必要がないため、通夜はとてもスムーズに進行する。
参列者に対する気配りをする必要もないため、リラックスした状態で臨めるだろう。
通夜は本来は寝ずに遺族が番をするものだったのだが、最近はそのようなケースは非常に少なくなっている。

そもそも、家族葬というもの自体が従来のマナーや慣習からは外れたものであるため、細かい風習についてはあまり気にしなくても良いだろう。
線香やローソクの火を消してはいけないという決まりもあったのだが、今では火災の原因となる可能性があるため、寝る前にきちんと消灯しておくべきだ。
通夜は家族葬にとっての最初の儀式となるため、きちんと執り行なおう。