家族葬と一般的な葬儀の違い

家族葬は、身近な人のみで行うタイプの葬儀です

近年執り行われることが増えてきているお葬式のタイプが、家族葬です。
家族葬では、参列者を呼ばずに、故人の家族を始め、親しい友人や、親族のみで執り行われる、規模を狭めたタイプのお葬式として知られています。

故人と遺族の最期の時間を大切にするため、出来るだけ余計なことを行わない、シンプルイズベストな形で執り行われることが多いでしょう。
式場も、故人のご自宅などで行われることも多く、比較的一般葬とは、勝手が異なるタイプとして知られています。

家族葬の場合は、お香典も事態をするケースが多く、あくまで身内のみで行うのにお香典をもらうのは申し訳ないと、予め受け取らない旨を明示していることが多いでしょう。
葬儀を執り行うことを周囲にお伝えしないタイプが多いため、式場で執り行う場合も、特に看板などを出さずに式が行われることが少なくありません。

一般葬は、様々な方が集う葬儀

もっともポピュラーなお葬式方法として、古くから行われているお葬式のタイプが、一般葬です。
一般葬は、身内や親族を始め、ご近所にお住まいの方、故人の会社の関係者、故人と生前関係があった方々に、お知らせをすることが主流となります。
会葬礼状を用意することが基本で、式も、基本的には式場で行われることが多いでしょう

一般葬では、お香典を持参することが通例で、参列者は、香典の持参を行います。
故人との関係性によって香典の金額が異なりますので、香典を用意する際には、しっかりと調べたうえで持参をする様に心がけましょう。

また一般葬の場合は、多くの方が列席するタイプのお葬式ですので、式場への案内や看板なども、積極的に準備がされます。
参列者への配慮が色々とされるタイプで、参列者の方も、何かと気配りをする必要があるのが、一般葬の特徴であるといえるでしょう。
比較的、守るべきマナーが多い点も、一般葬の特徴となります。

それぞれの葬儀に合わせた対応を行いましょう

このように、家族葬と一般葬は大分内容や趣旨が異なりますので、それぞれの葬儀の特徴をよく理解した上で、参列、準備をすることが大切です。
それぞれの葬儀によって、式場や規模、準備するべきものなども色々と異なりますので、どちらが良いかを悩んでいる方は、葬儀プランを検討してみると良いでしょう。

葬儀会社によっては、家族葬は取り扱っていないという所もあれば、反対に、家族葬のみを取り扱っているという場合もありますので、会社同士を比較することも大切です。
どのタイプの葬儀にするか悩まれている場合は、出来るだけ色々な葬儀形式を取り扱っているような企業を選ぶようにすると良いでしょう。