葬儀スタイルの種類と違い

正確に理解していますか?

葬式にはいろいろなスタイルが存在しているが、それらの違いを正確に理解している人はあまりいない。
そこで、ここではそれぞれの葬式のスタイルごとの特徴について解説する。
まず当サイトのテーマとなっている家族葬について説明しよう。

家族葬とは参列者が限定されている葬儀のことであり、葬儀の内容についてあまり違いはない。
基本的に参列するのは家族とそれに準ずる人達のみであり、それ以外の人が来たとしても断わることになる。
一般の人達に対してお別れの場を用意することはなく、通夜と葬儀式のみを行う。

とてもシンプルであり、参加する人の数は少ないため、遺族の負担を少なくできるのが特徴である。
その他の葬儀としてお身内葬というものがあり、こちらは家族葬のようにはっきりと参列者を限定するものではない。
たとえば、告別式には親しかった人達が参列することもある。

葬儀の際に香典を持って来てくれた人に対してきちんと受付をしたり、料理の提供をする。
会葬返礼品についても準備をしておき、おもてなしの準備をする点が家族葬とは異なっている。
誰にまで訃報を知らせるのかは家族で話し合いをして決めることになる。

葬儀の違い

他にもいろいろな葬式のスタイルが存在するため、それぞれ解説していこう。
一般葬と呼ばれている葬式は、一般的なものであり、生前にお付き合いの合った人達に死を知らせて参列してもらう。
家族葬との違いは参列者の数の違いではないことに注意しよう。

遺族が他人とほとんど付き合いのない人物の場合は一般層であっても家族葬よりも参列者が少なくなるケースもある。
基本的には多くの参列者を見込むことができるため、安定した香典収入を得ることができる。
葬式をするためにはかなりのお金がかかってしまうため、香典収入は貴重なものなのだ。

直葬と呼ばれる葬式は火葬式と呼ばれることもあり、通夜や葬儀式などは省略される。
基本的には火葬場まで遺体を連れて行き、火葬をするだけで終わるのが特徴だ。
宗教的な儀式は一切行わないため、周囲の人から理解をもらわなければいけない。

親族の中には宗教的なことについてうるさい人がいるかもしれないため、事前に周知させておくことが大切だ。
あらためて本葬を行うケースもあるため、ときには宗教的儀式をするケースもある。
家族葬とよく混同されやすいスタイルとして密葬という葬式スタイルがある。

こちらは基本的に家族のみで儀式を進めていく点に特徴があり、告別式は行わない。
ただし、本葬は実施するため、一般の方が葬儀に参加することは可能だ。
主な葬式スタイルは以上となっているため、それぞれの特徴を正確に理解しておこう。