一日葬ってなに?

近年増加傾向にある一日葬とは?

最近は、様々なお葬式の形を提案している会社が多く、ニーズに合わせたあらゆる葬儀の形を取り行っている所が多いでしょう。
その中の一つが、一日葬になります。

一日葬ではその名の通り、一日で全ての葬儀を執り行うことが出来るタイプのお葬式スタイルです。
通夜を行わずに、告別式、火葬のみを取り行うタイプですが、基本的には親しい方々の身に参列をしてもらい、小規模で行われることが多いでしょう。

式場もご家族によって異なり、式場で行われることもあれば、ご自宅で行われる形式を取られる方も少なくありません。
一日で全てのお葬式を執り行うことが出来る分、金額も良心的な場所が多く、ニーズに合わせた葬儀を執り行うことが出来るでしょう。

一日葬は参列者にも負担が少ないお葬式

一日葬が選ばれている理由は色々とありますが、その中の一つが、参列者への負担が少ないという点です。
ご遺族もこちらは当てはまりますが、一般葬の場合は、何日間かスケジュールを開ける必要が出てきます。
通夜、告別式の前後も、数日間は準備などを行う期間が必要となりますので、何かと負担になるケースが少なくありません。

一日葬の場合は、このスケジュールに関しての部分を取られることがほとんどなく、参列者やご遺族のご負担を減らしやすくなります。
お仕事をされている方がほとんどですので、仕事面で負担をかけることなく、葬儀に参列することが出来る点が魅力と言えるでしょう。

また、一日葬の場合はスケジュールがある程度タイトですので、参列者へかける時間もそこまで多くない分、ご遺族の負担を減らすことが出来る葬儀でもあります。
葬儀内容によっても異なりますが、故人との時間を出来るだけ優先したいという方に、特に人気が高いといえるでしょう。

直葬よりもゆっくりと最後の時間を過ごせるお葬式です

葬儀は、直葬に比べると、ある程度ゆったりと式を行うことが出来ますので、故人とのお別れの時間を大切にすることが出来ます。
直葬ですと、大変時間がタイトですので、お別れの時間は基本的に取れません。
出来るだけ最後の時間をゆっくりと過ごしたいという方に、人気が高い方法と言えるでしょう。

直葬よりもゆっくりと、一般葬に比べると簡単に葬儀を執り行うことが出来る、お互いの間を取ったタイプのお葬式と言えるのが、一日そうになります。
ご遺族や参列者の負担を減らしつつ、しっかりとお別れをすることが出来る、現代人において理想的なスタイルであるといえるでしょう。

会場によっては、一日葬を取り扱っていないような場所もありますので、事前によく確認をしておくことが大切です。
プランを比較して、依頼をするようにしましょう。