家族葬のメリット・デメリット

負担の軽減が可能

新しい葬式のスタイルである家族葬にはたくさんのメリットがあるため、それらを紹介する。
まず、家族葬では参列者が親しい人達に限られており、数も少ないため、遺族の精神的な体力的な負担は軽くなる。
多くの参列者への対応に追われることはないため、遺族の死にゆっくりと向き合う余裕を持つことができる。

普通の葬式ではとても慌ただしい時間を過ごすことになるため、ゆったりと故人を偲ぶための時間を持つことができないのだ。
家族葬の場合は、時間的な余裕がかなりあるため、個人のことを考える余裕も出てくる。
一般の参列者がいないため、特別なおもてなしを準備する必要はなく、受付をしたり、会葬返礼品を用意する必要はない。

家族葬の場合は参列者の数を正確に把握しやすいというメリットもある。
近親者に限られているため、誰に来てもらえばいいのかが明確になっているのだ。
このようなメリットがあるため、家族葬は新しい葬式のスタイルとして受け入れられているのだ。

家族葬のデメリット

ただし、家族葬にはメリットだけではなくてデメリットもあることを忘れてはいけない。
たとえば、事前に周囲の人達に対して理解してもらう必要があり、これを怠るとトラブルに発展することもある。
家族葬というスタイルに対して懐疑的な人はまだまだたくさんいて、そのような人に理解してもらえないと家族葬を行えないのだ。

家族葬は低料金で葬式を行えると考える方が多いが、香典収入が少なくなってしまうため、余計に費用がかかってしまうこともある。
大規模な葬式はお金がかかってしまうというイメージがあるが、参列者が増えるとそれだけ香典収入も増えるため、実はそんなに経済的な負担が大きいわけではないのだ。
これは結婚式と同様であり、参加する人が増えれば収入も増えるために意外と負担は少なくなる。

家族葬では事前に訃報をお知らせする際に家族葬をすることを伝えるのだが、それにも関わらずどうしても参列させて欲しいと来る方がいるかもしれない。
この場合は余計な手間がかかってしまうことになるため、デメリットになるだろう。
もちろん、予定のない参列者を断わることもできるのだが、それによってその人との関係性が崩れることもある。

また、あとからどうして呼んでくれなかったのか批判されるようなこともある。
今後の付き合いも考慮しつつ家族葬を執り行うかどうかを検討することが大事だ。
自分達だけで考えるのではなくて葬儀社のスタッフとも検討して考えてみよう。

これからは家族葬に対する理解がより広まっていくと考えられるため、安心しよう。
家族葬についてちゃんと理解してもらえば、この葬式スタイルがより受け入れられるようになる。