香典の金額相場はどれくらいなのか

香典の金額相場はどのくらいが目安になるのか?

葬儀の際に参列者が用意をするべき、お香典。
お香典の金額は一律で決められているものではなく、故人との関係性や年齢によって、包むべき金額が異なります。
ある程度その人の采配に任されている所もありますので、絶対にこの金額を用意しないといけないということではないということを、頭に入れておいてください。

基本的には、故人との関係が近い親族などの場合は、金額があがる傾向があり、故人との血縁関係がない友人などの場合は、金額が下がる傾向があります。

とはいえ、以前結婚していて離婚をしたという場合や、生前毎日のように会っていて家族のような存在という場合など、イレギュラーなこともあるでしょう。
一概に、この関係性ならこの金額を包むということではなく、あくまで気持ちが大切になるということを、頭に入れておいてください。

関係性と年齢によって金額の相場は異なります

故人との関係性とその人の年齢によって、香典の相場は異なります。

まず、故人との関係が近い親族の場合。
あなたとの関係性が祖父母であれば、20代は1万円前後、30代は1万円から3万円、40代は3万円から5万円ほどが相場になります。
両親の場合は、20代は3万から10万、30代の場合は5万から10万、40代は10万以上と、ある程度金額がアップするでしょう。
実の兄弟、義兄弟の場合は、20代は3万から5万円、30、40代に関しては、5万円が相場となります。

故人と血縁関係がないという場合。
例えば勤務先の関係者の場合は、20代は5千円から、30代は5千円から1万円、40代は1万円からが相場となります。

上司や同僚、部下に関係ない相場となりますので、年齢に合わせて包む金額を考えましょう。
職場の他の参列者と話し合い、金額を合わせて入れるのが無難と言えます。
故人の友人や知人の場合は、20代で5千円から、30、40代で5千円から1万が相場となりますので、参考にしてみて下さい。

新札は利用してはいけません

香典に入れるお札を用意する際には、決して新札を入れないでください。
どうしても新札を入れないといけない場合は、一度半分に折りたたんで線を付けてから、用意するようにしましょう。

これは香典を用意するマナーとなりますので、注意をしないといけません。
お祝いごとの場合は新札、ピン札を用意しないといけませんが、葬儀の場合は全く真逆になりますので、十分注意をしましょう。

また、香典は裸ではなく、香典袋に入れることがマナーです。
香典袋はコンビニなどでも購入することが出来ますので、行きがけに購入をして用意をすることも出来ますが、出来れば事前に用意をしておきましょう。