そもそも「家族葬」とは

近親者のみの葬儀

最近、いろいろなところで話題になることの多い葬式の方法が家族葬である。
これは近親者だけが参加して行う葬式のことであり、それ以外の弔問客を拒否するのが特徴だ。
似たようなスタイルとして密葬があるのだが、内容は微妙に異なっている。

密葬の場合は葬儀を近親者のみで行うのは同じだが、日を改めて本葬をする点が異なっている。
密葬と本葬を合わせたものが一つの葬儀となっている点で家族葬は異なるのだ。
家族葬の場合は近親者のみで葬儀を行い、そのあとに火葬をした時点で完結している点が特徴的であり、これまでになかったスタイルとなっている。

また、似たようなものとして直葬があるが、こちらは葬儀をせずに火葬だけを行うため、家族葬とは厳密には異なっているのだ。
家族葬は明確な定義があるわけではなくて、小規模な葬儀のことを称してこう呼ばれている。
そのため、さまざまな宗教や宗派による家族葬が存在しており、無宗教式で行われるケースもある。

ただし、家族葬を無宗教式で実施する場合は自由葬と呼ばれることもあるのだ。
家族葬についてはこちらのサイトも詳しいため、参考として紹介しておく。
>>https://shukatsu-mikata.jp/sougi/type/family

家族葬の現状

家族葬という名称は多くの人に知られるようになったのだが、名称が一人歩きしており、正確な理解がまだ進んでいないという問題点がある。
たとえば、家族葬を葬儀社に頼んだとしても、業者側とで食い違いの起きるケースは珍しくない。
そのため、一般向けに家族葬説明会が開催されたり、家族葬は密葬とほとんど同じであり、リスクも存在することがきちんと説明されている。

簡単に家族葬を選択する方に対しては、本当に家族葬でも問題がないのかきちんと相談をしたり、レクチャーをするようになっている。
このような葬儀社の対応によって、家族葬についての理解は広まっているのですが、まだまだ勘違いしているケースは多い。
実態としてはまだまだきちんと認知されているとはいえない状況となっているのだ。

もしこれから家族葬をするつもりの方は、当サイトの情報をきちんと受け取り、理解してもらいたい。
家族葬にはどのようなメリットがあり、またどのようなデメリットがあるのかをきちんと知っておくべきだ。
気楽に選択できるものではなく、ひょっとしたらトラブルに巻き込まれる可能性もあることを理解しよう。

新しい葬式のスタイルとして定着しつつあるのだが、まだ理解していない人はたくさんいて、認めていない人もいるのだ。
故人のために行うことになる葬式をきちんと成功させたいのであれば、家族葬についての理解を深めることはとても大事だろう。
葬式を成功させるためには事前にちゃんとした知識を持っておくことが大事なのだ。