家族葬における香典の渡し方

家族葬では香典は基本的に送らない

生前親しかった人だけで故人をお見送りするタイプの、家族葬。
規模を小さく、式場ではなく故人のご自宅で行われることも多い、比較的自由なタイプのお葬式として、近年多くの方に執り行われている式の形式になります。

そんな家族葬ですが、通常の一般葬とは少し形式が異なるからこそ、様々な部分が異なることも少なくありません。
その中の一つが、お香典です。
参列をする際にはマナーとしてお渡しするべきお香典ですが、家族葬の場合は比較的規模が小さく、本当に親しい方だけで行われるので、基本的にお香典を辞退するご家庭が多いでしょう。
特に、事前に喪主側が、お香典はお断りしますなど医師をはっきりと明示している場合は、敢えてそこで香典を渡すと迷惑になりますので、注意が必要です。

お香典をお渡すと、後日香典返しをしないといけない手間がある分、気持ちとして送りたくなるのはわかりますが、ご遺族の負担を考えると、無理強いは禁物になります。
あくまで、喪主側の意志を尊重して、それに従う様にするべきでしょう。

お渡しする際には、お花にするべき?

どうしても香典を渡したいと言う気持ちがある場合,香典ではなく、お花の形にしてお送りしましょう。
お花と一緒にメッセージカードを添えて送ることも多く、メッセージカードの文面の最期に、お返しは不要ですと書いておけば、喪主側に負担がかかりません。

香典を辞退する家族葬の場合でも、お花であれば受け取ってもらえることも多いため、出来るだけ、無理して香典を渡すという形は避けましょう。
あくまで喪主側の負担にならないような形で、自分の気持ちを伝えるという方法を摸索することが重要になります。
喪主側がどんな形であれ受け取りたくないという意志があるのであれば、お花も遠慮することが配慮の一つと言えるでしょう。

事前に確認できない場合は香典を持参して

とはいえ、香典は必ずしも辞退をされてしまうというわけでもありません。
きちんと受付で受理してもらえる場合も多く、当日参列してみたら、皆用意をしてきていたということもあるでしょう。

香典自体の旨が明示されていない家族葬に参列する場合には、一応鞄の中に香典を忍ばせておいて当日周囲の様子を見て、お渡しするかを決めてみてください。
場合によっては、参列する人と連絡を取り合って、一緒に渡すかどうか決めるというのも一つの方法です。

家族葬は自由な形の葬儀だからこそ、こうした部分も各ご家庭によって方針が異なります。
どちらに転がっても良いように、色々と準備をしたうえで臨むようにすることがおすすめです。
前の家族葬では大丈夫だったことが、次は大丈夫ではないということも多々ありますので気を付けましょう。