袱紗の正しい使い方

袱紗はどんな場面で活用できる?

慶事や弔事の際に重宝する袱紗。
非常に上質な布で、冠婚葬祭時、お金をお渡しする際に多く活用されている布として、重宝されています。

例えば、香典やご祝儀を持参する際に、袋を袱紗で包むことで、袋の水引などが崩れるのを防ぐことを始め、礼節を重んじていますというアピールをすることが出来るでしょう。
袋を裸で持ち歩くと失礼に値することが多いため、袱紗に包んで見た目を隠して持参をするというマナーがあります。

更に、袋をそのまま持ち歩いてしまうと、明らかに大金を持ち歩いていると周囲にアピールをしているようなものになります。
男性女性問わずに、その状態は、泥棒などに狙われやすくなりますので非常に危険です。
移動の際に強盗などにあってしまってはそれこそ一大事ですので、防犯の面でも、袱紗は非常に活躍するといえるでしょう。

袱紗の色に注意!

袱紗には様々なカラーがありますが、どの色でも良いというわけではありません。
慶事、弔事に合わせたカラーを選択する必要がありますので気を付けましょう。

慶事の場合は、華やかな色合い、赤色やピンクなどの暖色系が用いられます。
カラーでお祝いをすることも含まれますので、華やかな色合いのものを用いるようにしましょう。
反対に慶事の場合は、紺色やグレー、深緑など、落ち着いた、寒色系を用いてください。
シックな色合いであれば、基本的には問題なく利用できるでしょう。

一枚あると便利に使えるカラーが、紫です。
紫色は、慶事、弔事、どちらの場合でも使うことが出来るカラーですので、何枚か用意をしておくと、いざという時に活用することが出来るでしょう。

カラー一つで、袱紗の印象は大きく変わりますので、十分注意をして選ぶことが大切です。
カラーによっては、相手に不快な思いをさせてしまう可能性があるということを、頭に入れておいてください。

袱紗を弔事で活用する場合の包み方

袱紗を弔事で活用する際、袱紗には正しい包み方がありますので、持参の際には十分注意をしましょう。

まず、袱紗を四角になるように平らに開いたら、袱紗の中央から少し右に、不祝儀袋を置きます。
四隅の、右、下、上、左の順に折りたたんでいき、右側のはみ出している部分を内側に折れば完成です。

弔事でお渡しをする場合は、右手の平の上に置き、左手で袱紗を開いたら、のし書きが読めるように反時計回りで向きを変え、袱紗をたたんだ上に袋を置いて、両手でお渡しします。
袱紗はたたんで受付の台に置いてから袋をお渡ししても構いませんので、やりやすいように工夫しましょう。

このように、渡し方にも注意をする必要がありますので、事前によく考えておくと良いでしょう。