喪主の決め方と役割

喪主は誰がなるべきなのか?喪主の決め方

葬儀の際に一番初めに決めなければいけないのが、喪主です。
お葬式を統括する、執り行う方のことを指しますが、立場が立場なだけに、キチンと責任をもって取り組める方が行わなければいけません。
喪主は色々な負担もありますので、ある程度しっかりとした方が行わないと、体を壊してしまう場合もあるでしょう。

喪主は基本的に、故人の配偶者や、故人のお子さんが行うことが主流となります。
配偶者の次に、血縁関係で近しい存在から、喪主になる傾向があるといえるでしょう。
例えば、兄弟が何人かいる場合、長男が一番初め、次男以降の男子から始まり、長女、長女以降の女子が、喪主を行う順序としては進められています。

ですが一概にこの順番を守らなければいけないわけではありません。
体調不良等の関係で、配偶者が喪主を執り行えない場合はお子様が、故人にご家族がいない場合は、友人代表や介護施設の代表者などが、執り行うようになっています。

喪主を誰が行う科で揉めた場合は、1人で行う必要はありません。
喪主は複数で行っても構いませんので、何人かで協力をしながら喪主をやられるご家庭も多いでしょう。

一般的な喪主の役割は?

喪主の役割は非常に多く、こまごまとしたものが多い傾向があります。
例えば最初の役割としては、葬儀の式場決め、寺院への連絡など、各関係者への連絡が必要となるでしょう。
葬儀会場が既に決められている場合は、その会場に連絡を取ることで、合わせて寺院への連絡を執り行ってくれる場合もあります。

各関係機関へ連絡を行うことで、葬儀の日取りなども決めることが出来ますので、日取りが決まった後は、参列者への連絡などを行います。
一般葬の場合は特に、お手紙を出す必要がありますので、合わせて用意をする様にして下さい。
参列者の人数が確定してから、式場の規模を決めていくことも多いため、式場の規模が決まり次第、並行して各関係機関に連絡を取りましょう。

式当日は、様々な場面で挨拶を求められます。
僧侶などの関係者への挨拶、お布施をお渡しすることはもちろん、弔問された方へのご挨拶、その他、喪主代表の挨拶など、とにかく挨拶が多く、様々な気配りが求められます。

葬儀の準備段階でへとへとになっている暇もなく、挨拶の文を考えるなどもありますので、ある程度体力と気力がある方が行うことが理想です。
故人の最期の時間を恥ずかしい時間とすることが無いように、キチンと準備を行い、参列者へのご挨拶を行いましょう。

家族葬などの場合は、喪主の役割はある程度負担が減りますが、それでも、喪主がやることは多いため、協力して行うことも一つの手段になります。