家族葬が注目される理由

現代社会のニーズ

最近は家族葬に対する関心がかなり高まってきているのだが、それにはいくつか理由がある。
まず高齢化が進行しており、なおかつ少子化が進行しているのが大きな理由としてあります。
少子化のために親の葬式をする際にはとても負担がかかってしまうケースが多いのだ。

一人っ子は珍しくなくなっており、夫婦がともに一人っ子の場合は両方の両親の葬式を責任をもって行わなければいけない。
葬式をするにはお金がかかってしまうため、少しでも負担を減らしたいという意味でも家族葬を選択するケースは増えている。
故人の遺志として残されている場合も多く、生前から自分の葬儀の準備をしておく方も多くいるのだ。
また、家族葬が増えた理由として地縁や血縁関係が希薄化していることも一つの理由となっている。

近所付き合いをすることが減っており、核家族化も進行しているため、そもそも葬式をしたとしても参加する人が少ないというケースも多いのだ。
価値観が多様化しており、それを可能にする社会的な風土も整いつつあることも家族葬が広まる原因となっている。
数十年前であれば家族葬なんてとんでもないと怒る人達がいたかもしれないが、現代においてはそのような人は少数派となっているのだ。
このようにさまざまな理由から家族葬への関心は高まっており、実際に行うケースも増えている。

葬式の意味とは

家族葬について考える際には、そもそも葬式とはいったい何なのかということを考えるのが重要となる。
葬式とはまず遺族たちが家族の死を受け止めるための時間を作るという意味合いがある。
葬式というものがないと、家族が死んだとしてもなかなかそれを現実として受け入れる余裕がなくなってしまう。

葬式という時間を設けることによって、初めて遺族の死を受け入れる時間的な余裕が生じるのだ。
また、死者を見送るという宗教的な意味合いも重要であり、これによって死者を送り出すことができる。
ただし、現代社会においては本気で葬式の宗教的な意味を信じている人は少数派になりつつある。

今や葬儀は、故人と過ごす最期の時間として、形にとらわれることなく存在しているのだ。
多くの人を招くよりも、親しい身内だけで故人を忍ぶ時間をつくりたいと考える人も多い。
参列者への挨拶や大規模な葬儀の準備で疲弊してしまうよりも、少人数でゆっくりと故人と最後の時間を過ごしたい方は多い。
家族葬儀では、費用の面でも、遺された親族の気持ちの面でも現代に合った葬儀であると言えるのだ。

葬式は、遺族の死を社会的に確認するという意味があり、亡くなったということを知らせる告別式では、家族が挨拶をするのが流れとなっている。
これも現代では手紙ですぐに周知させることができて、親しい人に対してはメールや電話ですぐに知らせることが可能だ。
火葬や埋葬をして遺体を処理することも葬式の大切な意味となっており、これはどのような時代になったとしても変わらず残るだろう。

このような儀式が葬式であることを考えると、家族葬というのはメリットが大きいのだ。
葬式として必要なことはきちんと押さえており、なおかつ必要以上に規模を大きくしないことによるメリットがある。
メリットの多さは家族葬が注目される大きな理由の一つといえるだろう。