家族葬ではどこまで呼ぶの?

家族葬で起こりやすいトラブルの一つである、参列者の範囲決め

家族葬を執り行う際に意外とトラブルとして起こりやすいのが、「自分は呼ばれなかったのに、知り合いは呼ばれた」という、参列者きめに関してのトラブルです。
家族葬の場合は特に、参列者としてお呼びする定義があいまいですので、ある程度きちんと定義を決めておかないと、後からトラブルに繋がる恐れもあるでしょう。
きちんと故人の友好関係などを把握しておき、いざという時にご連絡できるように対処することが大切です。

一般的な家族葬の定義としては、故人の直系の家族、直系の親族など、あくまで故人と直系の関係がある方が対象となります。
これに加えて、故人と生前親しかった友人や、直系ではない故人の親族など、葬儀によってある程度呼ぶ方の基準がばらつきますので、その点でトラブルが起きることも多いでしょう。

明確な定義がないからこそしっかりと決めましょう

明確な定義がないからこそ、家族葬では、ここからここまでの方を呼ぶという明確な基準を作ることが重要になります。
基準によっては、お呼びしたい方を呼べないという場合もありますが、その点をきちんと線引きすることで、その後のトラブルを回避することが出来るでしょう。

家族葬で多い線引きが、完全に直系の親族のみで執り行うというものです。
直系ではない親族の参列はご遠慮して頂くという形を取れば、トラブルが少ないといえるでしょう。

また、故人がエンディングノートを作成していたようであれば、葬儀で呼びたい方をリストアップしている方もいます。
そのリストの書かれている人のみをピックアップして、参列者としてお呼びするというのも、明確な基準の一つでしょう。
故人の意見であれば、誰も逆らおうとはしませんので、後からトラブルが起きるようなこともほとんどありません。

家族葬を行うことをしっかり関係者に伝えて

家族葬を行うことは、しっかりと関係者に伝えることが大切です。
家族葬を行うことすら連絡が無いと、故人の生前のお知り合いやご友人は、憤慨されることも多いでしょう。

家族葬を執り行わせていただく旨を記載したお手紙を作成して、生前のお知り合いやご友人に、訃報をお伝えするようにしてください。
こちらも、故人がエンディングノートを作成していたようであれば、送り先なども明白ですので、エンディングノートに従って送付をしましょう。

家族葬は比較的手軽に行うことが出来る葬儀だからこそ、ある程度配慮を行わないと、後からトラブルに繋がる事も少なくありません。
故人のお知り合いに不快な思いをさせることが無いように、線引きをしっかりと行い、通達もきちんと行う様にすることが大切です。