恋人の身内のお葬式に出席しても平気なのか?

恋人の葬儀には参列しても大丈夫か?

お付き合いをしている恋人の御身内に不幸があった場合。
葬儀に参列をして良いのかダメなのか、悩まれる方も少なくありません。

葬儀のタイプによっても異なりますので、こちらは一概には言えませんが、基本的には恋人の意志を尊重して、葬儀の参列をするかどうか決めましょう。
恋人が参列をして問題ないという葬儀の場合でも、彼女が、遠慮して欲しいという場合は、参列はおすすめできません。
葬儀には参列をせずとも、お悔やみの気持ちを伝えることは出来ますので、葬儀ではなく、後日弔問に訪れるなどの配慮を行いましょう。

恋人の家族と全く面識がないという場合、ご遺族側も来られても困惑されてしまう可能性がありますので、香典のみお渡しするという方法もあります。
香典を渡す際には、恋人か、恋人の両親に、直接お渡しするようにして下さい。

一般葬の場合は問題ありません

一般葬を執り行う場合は、基本的に故人と面識が無くとも、参列して問題ありません。
自分の恋人の大切な人が亡くなったということですので、例え結婚をしていなくとも、参列自体には何の問題もないでしょう。

ただし、前述のとおり、彼女が参列を遠慮して欲しいと言った場合は、その指示に従いましょう。
御家族によっては、恋人がお葬式に来るのをよく思わないような、返ってご負担をお掛けしてしまうような場合もありますので、配慮をすることが大切です。

葬儀に参列をしても良いと言われた場合は、通夜か告別式、都合のつく方に参列をしてください。
多くの方が参列をされるのは、通夜が多いでしょう。
どちらに参列をしても基本的には問題ありませんので、恋人とも相談をして決めるようにしてみてください。

家族葬の場合はご遠慮しましょう

家族葬の場合は基本的に、恋人の葬儀参列はNGとなります。
もちろん、故人と生前非常に親しかった場合は話が別ですが、全く面識がない場合は、身内だけで執り行われることが多いため、参列はおすすめできません。
家族葬の場合は特に、参列者をある程度線引きしていることも多いですので、下手に参列をしてしまうと、他の親族からご遺族にクレームが入る場合があるでしょう。
恋人のためにも、出来るだけ参列をしない方向で考えることが大切です。

基本的には、家族葬は身内のみ、一般葬はどんな方でも参列することが出来ます。
後からトラブルになると、恋人やご遺族にご迷惑をかける形になりますので、自分で決めてしまうのではなく、出来るだけ恋人の指示に従って、参列するかどうかを決めるように心がけましょう。

家族葬の場合は、婚約者という立場の場合でも、葬儀の参列を遠慮するべきことも少なくありません。